スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しおりんの日常:入隊当時の話(しおりん視点)

今日は栞穹先輩とスワンプダンジョンに清掃活動に来ています。
栞穹先輩には小さなころからお世話になってるから、時々お手伝いをしてます。
赤色の毒キノコ(確かマイコニドだったかな?)が人を襲っているらしいので
それの駆除活動だそうです。
確かに大きな口を開けて人々を飲み込もうとしています。
私も何度か後ろから襲われたけど、そのたびに栞穹先輩が助けてくれました。
枝折「栞穹先輩・・・素敵///」
毒キノコも最後の悪あがきで、燃える直前に栞穹先輩に向かって毒の胞子を
飛ばしてきます。
栞穹先輩はそんなものなど気にもせず、一匹一匹確実に焼いています。
でも、その胞子のせいで素敵な栞穹先輩の素敵な黒いローブが
白く染まっていくのは、見ていて悲しいです。

今日の清掃活動が終わって家に帰った後、栞穹先輩がローブを脱いで
ひっかけていたので、私は一生懸命その毒の胞子を取り除きました。
取り除いた毒の胞子は何かに使えるかもしれないから、
瓶に入れて取っておきます。
枝折「よし、これでローブの掃除終わりっと♪」
栞穹「お?枝折、ローブの胞子取っておいてくれたんだな^^」
栞穹「ありがとな。ほんとお前は可愛いな^^」
栞穹先輩がそう言って頭を撫でてくれました!!

次の日、チャービル隊の集会があるということなので、
新米の私は早く行ってお茶の準備をしないとね♪

しそら「枝折早いな、集会はまだだよ^^」
ヴィータ「あ、しおりんお茶の準備してるんだね、私も手伝うよ^^」
枝折「いえ、先輩方は座っててください、すぐに終わりますから(下を向いてニヤリ」
ヴィータ「しおりんは働き者だな~^^」
なのは「ほんとだよ、ヴィータも見習わないとな^^」
ヴィータ「∑ なのは先輩何言ってるんですか!!><。」
ヴィータ「私も働き者ですよ;;」
なのは「自分で言っても説得力無いな^^;」

みんな楽しそう、私も早く一人前にならないと・・・。
枝折「今日のお菓子は私の手作りですよ~^^」
枝折「遠慮しないで食べてくださいね♪(わくわく」

そう、今日のは私的には自信作。

何故なら、昨日の清掃活動で手に入れた毒キノコの毒の胞子を隠し味で
使っているから。

しそら「へー、うまそうだ!頂きます^^」
ヴィータ「ホントだ、それじゃあ私も^^」
なのは「俺も食べようかな^^」

どきどきわくわく

さて、みんなどんな風に踊ってくれるのかな?(ふふふ ̄ー ̄

しそら「ごふ! う、うまいよ・・・枝折・・・ばた(倒れた」
ヴィータ「・・・・・・ばた(二人目倒れた」
なのは「あ、はははは~、待て待て~チャービル~^^(幻覚を見ている」

なるほど、しそら隊長とヴィータ先輩はすぐに倒れた・・・っと(メモメモ

この二人にはこの配合率で効く・・・っと(メモメモ

なのはさんは・・・・・幻覚?^^;
う~んこの配合率で幻覚を見る?
栞穹先輩から聞いた話と違うな・・・う~ん。
まあ、いいや(メモメモ
さすがなのはさん!中身が闇龍には即効性の配合でも幻覚止まり・・・っと(メモメモ
今度、栞穹先輩に新しい毒の配合の仕方聞かないとね♪^^

栞穹「みんな、遅くなってすまん^^;」
栞穹「∑ なに?この状態?^^;」
栞穹「枝折!なにがあったの?」
枝折「私にも何が何だか;;」
枝折「マイコニドの毒の胞子を配合したお菓子をみんなに食べさせたら
   こんなことに・・・><。  (下を向いてほくそ笑む」
栞穹「マイコニドって、この前ローブの掃除してくれてたんじゃなかったんだね^^;」
枝折「掃除しましたよ♪ついでに胞子も保存しておきました><b」
栞穹「ははは^^  グッジョブ枝折!!」



入隊初日はいろいろあったけど、そのあとみんなが元気になって良かった^^
次は、もっと致死量を上げた薬を作らないとね♪



作成:なのはとヴィータの中の人
スポンサーサイト

今日はお昼寝日和♪

こんにちはヴィータSPです^^

今はマーメイドパレスに居るんですが、海も穏やかですね~^^
っと、なんだか眠くなってきました^^;
チャービルと一緒にお昼寝しますね、お休みなさ~い^^

すやすやzzz

お昼寝♪


なのは「あ、ヴィータ、こんなところにいたのか・・・・って寝てるし^^;」
なのは「まあ、今日はずっと頑張って狩りしてたみたいだから、疲れたんだなきっと^^
なのは「でも、こんな所で寝てたら、風邪ひくとかより、
     モンスターに襲われかねないな・・・・^^;
     よし、いつもヴィータ頑張ってるから、起こすのはかわいそうだし、
     陰ながら、見守っておいてやるかな^^」
なのは「モンスター達よ!ヴィータの昼寝を邪魔する奴は俺が許さないからな!!」


この日は気持ちよく眠れたヴィータであった。おしまい。


その後のヴィータとなのは

ヴィータ「あ、あれ、なのは先輩そんな所でなにしてるんですか?^^」
なのは「うん?いや寝てるヴィータにいたずらしようと思ってね^^」
なのは「そしたら、起きちゃったねw」
ヴィータ「∑ ま、またそんなことしようと思ってたんですか!!><。」
ヴィータ「やめてくださいよ!!><。」
なのは「まあ、起きちゃったものは仕方ないから、あきらめるよ^^」
ヴィータ「寝ててもやめてください!!」
なのは「はいはい、分かりましたよ ̄ー ̄」
ヴィータ「ほ、本当に分かったんですか!?
      めちゃくちゃ怪しいですけど^^;」
なのは「ほら、ぐずぐずしてると、夜になるぞ!
     早く依頼されたクエ品集めないと・・・・」
ヴィータ「言われなくても、行きますよ!!><
      行こう!チャービル!」

たったったった(ヴィータは走って行った

なのは「ま、怪我が無くてなによりだったな、
     今度はこんな所で寝るなよ、ヴィータ^^」
なのは「さて、俺も狩りに戻るとするかな」

不思議なもの

これは、私がチャービルと冒険をしている時の話です。


私、は歓迎学園で狩りをしていました。
すると、チャービルが
「にゃ~ん」
と突然走りだしました。
あわてて私は
「ま、待ってー、チャービル!」
と追いかけました。
すると、チャービルは突然止まり何かをじーっと眺めているようでした。
追いついた私はチャービルが何を見ているのかに気づきました。
「なに?これは?」
思わず声を出していました。
その物体は、古い井戸の中からゆっくりと、ゆっくりと湧き出していました。

screenshot0413.jpg

私は、何か悪い予感がしたのでチャービルに、
「あっちに行こう」
と、いいました。しかし、チャービルはいっこうに動こうとはしませんでした。
しょうがないので、チャービルの気の済むまでここにいることにしました。
10分、20分、1時間、時間は過ぎて行きました。
そして、ふと気付くと私はいつの間にか眠っていたようでした。
そして、目をこすりながら周りを見るとチャービルが少し離れたところから私を見つめていました。
「ごめんね、寝ちゃったみたい」

その後、狩りに戻ろうとすると、チャービルもついてきてくれました。

結局チャービルが何を見つめていたのか分かりませんでした。
もしかしたら、私には見えない何かを見ていたのかもしれませんね。



数日後、私はウブス港で狩りをしていました。
すると、あの時のようにチャービルが突然走りだしました。
「ま、待ってー!」
私はまたチャービルを追いかけて行きました。
すると、今度もチャービルは何かを見つめているようでした。

チャービルに追いつき、チャービルの見つめているものを見ました。

screenshot0401.jpg

何か「うにょ~ん」としたものが、道路から生えていました。
「?」
私は、再び首をかしげました。
その時も、やはりチャービルはそれを見つめていました。
こうなったら、もうチャービルは動きません。
仕方ないので私は横で待っていることにしました。
前回と同じように、時間だけが経っていきました。
今回は寝なかったんだよ私。
すると、チャービルは突然その場を離れ、満足したような表情をしていました。
なんだか、良く分からないけど、チャービルが満足したならいいかと思い。
「良かったね、チャービル」
と、笑顔で声をかけました。チャービルは
「にゃーん♪」
と、うれしそうにしていました。




ヴィータSPの手記より


作成者:なのはSP

ヴィータSP危うし!

 話は10日ほど前に遡る。私がチャービル隊に入隊する以前の話だ。

 私(ヴィータSP)はその日の狩りが終わりカバリア遺跡タウンのアステカを歩いていた。ショップで買い物をした後、近くでアイテムを配っているミントさんを見つけた。

「あ、ミントさんだ!」

ポプリダンジョン前で見かけて以来だったので、なんとなく近づいてみた。

「こんにちは、ミントさん」

しかし、ミントさんは何か考え事をしているようで、こちらに気づいていない。
私はもう一度、

「ミントさん、お久しぶりです」

と話しかけた。しかし、一向に気づく気配がない。まあいいかと思い、ミントさんの頭の上に乗っている青い猫(?)に話しかけてみた。

「猫さんこんにちは」

その猫はチラッとこちらを見たが、「にゃ~ん」とあくびをすると気持ち良さそうに眠ってしまった。結果的に相手にはされなかったようだ。しかし、ここで出会ったのも何かの縁だと思い、記念にミントの隣で歌うことにした。歌ってる最中も相変わらずミントさん達は無反応だったが、気にせず歌った。ペットのチビアヌビスが「こんなところで立ち止まっていいのか?」と話しかけてきたが、何のことか分からなかったので放っておいた。歌い終わったあと、近くにいたポールさんの方を見ると、なにやら複雑な表情をしていた。それは、あきれているというよりは・・・・・・何と言ったらいいだろう。そうだ、恐怖心を抱いているという感じだ。でも、その時の私は、そのポールさんの表情が何を意味しているかなど知る由もなかった。

screenshot0330.jpg

のちに、チャービル隊というのに入隊した時、元隊長の「なのはSP」さんに話を聞いて、恐怖のあまり体が震えたことは言うまでもない。というか、あの時点でミントさんの裏の顔を知っていたチビアヌビスとポールさんに対しては、「なぜ教えてくれなかったの?」という気持ちでいっぱいだった。
 あの青い猫は『チャービル』という名前らしい。チャービル隊に入隊した今はいつも一緒に冒険している。そして、私が聞いたミントさんのことはほんの一部らしく、これから身をもって体験していくことになる。




ヴィータSPの手記より

作成者:なのはSP

 BLOG TOP 

重要事項

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

12  08  04  03  05  11  08  07  06  05  01  12  10  07  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 

リンク

受付ことお留守番係


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。